AX

ほそ道小径、ときどきおもて

華やかな表通りよりも、静かな裏通りをひっそりと寄り道しながら歩きたい。そんな私の、興味の赴くままのとりとめのないブログ。

気質は脳のしくみを土台とする

気質や性格、個性のことを考える時、それはきっちりとした境界線はなく漠然としていて、考えれば考えるほど脳内が複雑化していき、ただモヤモヤが増しただけ、というのは私の場合よくあること。 そんな時、気質を”脳の使い方の違い”という視点から説明してく…

自分の生きる場所

最近よんだ本。 「さいごの毛布」(近藤史恵) さいごの毛布 (角川文庫) 作者: 近藤史恵 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2016/10/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 年老いた犬を飼い主の代わりに看取る「老犬ホーム」に勤め…

お花のマンダラ塗り絵

以前のブログでもご紹介していましたが、私が一番好きな塗り絵本です。 flower mandalas 心を整える、花々のマンダラぬりえ 作者: シンシア・エマリー 出版社/メーカー: 日本文芸社 発売日: 2016/02/06 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブロ…

なぜ、マンダラぬり絵なのか~マンダラがこころにもたらす癒し効果

少し固い文章になりますが。 マンダラ的な図形は秩序の、そして心の統合と全体性の原型であり、患者がみずからを治療しようと、ほとんど無意識にこころみる時に出現する。(ユング) 引用:マンダラ塗り絵 マンダラと癒しについて語るときに切り離せないのは…

トランスパレントスターの本

トランスパレントスターの作り方が掲載されている本はとても少なくて、Amazonで購入出来る下記の本は貴重なのですが、洋書でお値段が少しお高めなので、購入するとなると少し考えてしまいますね。(私も購入するまで、しばらく迷いました) ただ、1冊持って…

始まりはここから

私が繊細性や内向性という、人の気質についてもっと知りたいと思うようになったきっかけは、この本との出会いでした。 鈍感な世界に生きる 敏感な人たち 作者: イルセ・サン,枇谷玲子 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2016/10/22…

きれいに生きようとすることの何がいけないんだ

昨年の秋頃から、辻村深月さんの本を好んで読んでいる。 人間の持つ純粋できれいな部分や、あるいはズルさや残忍さ、前に進もうとする強さとかその裏にある弱さとか。そんな矛盾するようにみえる多面性を持っているのが人なんだと、素直に感じさせてくれるよ…

Copyright© 2011-2017 hana-artroom* All Rights Reserved. 当ブログ内の画像・文章の無断複製・転載等を禁じます