AX

ほそ道小径、ときどきおもて

華やかな表通りよりも、静かな裏通りをひっそりと寄り道しながら歩きたい。そんな私の、興味の赴くままのとりとめのないブログ。

身体の変化を感じてから、まず始めたこと【終活①】

関節痛をはじめ様々な身体の変化を感じるようになってから、まず最初に始めたことは本格的な断捨離です。

 

というのも、我が家は子供がいませんので、老後の生活は自分たちだけで全てやっていかなくてはいけません。いつかやって来る(それほど遠くない)老後生活を考える時も、そのことが常に頭の中にあります。

 とはいえ、もし仮に子供がいたとしても、子供に頼る生活をするつもりはありませんでしたから、老後に向けての心構えはもしかしたら今とそれほど変わらなかったかもしれません。

 

が、子供がいるいないで大きく違うのは、最後の最期、つまり夫婦二人ともが亡くなった後のことです。

 

いくら「自分たちのことはじぶんで」と考えていても、自分たちが居なくなった後のことについては、どうしても誰かにお願いしなくてはいけないことが残ってしまいます。

様々な手続きや遺された物たちの始末をするのは自分の親のことでも大変なのに、それが兄弟、ましてや甥、姪にお願いするともなれば、お互いにの気持ち的にも実質的にも掛かる負担は大きくなっていきます。

 

なるべく掛ける負担を少なく出来るよう、年齢的にもそろそろ少しづつ準備をしていかなくてはと考えていましたが(事務的な事は既にある程度出来ているので、主に所有物の減量を)、今回身体のあちこちが痛み出したことで「それでは遅い!まだ身体が動くうちに出来るだけのことはしておかなければ!」という焦燥感にかられ、今回の本格的な断捨離に取り掛かることとなったわけです。

 

 

今までにも定期的に不要物の処分はしてきてはいるのですが、とはいっても、思い入れのあるものやいつか使うかもと思われるものは、思いきれずに何となく残してきてしまい、断捨離というわけにはいきませんでした。(残しても、結局使う事はありません)

 

でも、今回は違います。きちんと「断捨離」です。

それは本当に必要なものなのか。本当に大切なものなのか。残りの人生をどうしても共に過ごしたい!と思えるものなのか。

自分の感情とも向き合いながら選別し、処分するものに対しては「今までありがとう」の気持ちを最後に、きっぱりと情を断ちます。

 

一旦やり始めると、物の整理と共に気持ちの整理をつけることも出来て、案外気持ちの良いものです。

 

まだ途中ですが、

 キッチンの吊戸棚は、ひと棚まるまる空いてしまいました。

 

f:id:hana8816:20170710145259j:plain

 

 

関節の痛みがあると上の方に物をしまったり出したりするのがつらいので、もともとあまり使っていなかった場所ではありますが、こうしてまるまる空いてしまうと、せっかく棚があるのに使わないなんて逆にもったいないような気もしてきて、少し複雑です。

 

そんな感じで、まだまだ断捨離は続きます。

 でも、一番やらなくてはいけないことは、いつまでも自分のことは自分で出来るように身体をメンテナンスすることですね。

Copyright© 2011-2017 hana-artroom* All Rights Reserved. 当ブログ内の画像・文章の無断複製・転載等を禁じます